読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堀り出し商品!トゥナイトの楽天商品~!ときめき

通販
(後書きより)私もかなり楽しみにしていたので!届かなかった方の憤りは物っ凄いわかりますが!でも!これでは池野先生が可愛そう・・・。もし自分の店だったら!理由を説明して超謝ってました。)で!発売日の日もだめだった。

こちらです♪

2017年02月09日 ランキング上位商品↑

ときめき トゥナイトときめきトゥナイト真壁俊の事情 [ 池野恋 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

何故にメール配信が発売日の夜?そりゃファンは怒るでしょう。商品が届いていない方もいらっしゃるようですが!評価を低くされると商品の評価が悪いように感じ!大好きな作品の評価が悪くて悲しいです。要望に対する個別の返事は行っていないと書かれていましたが、それに対する返事を頂き、期間限定ポイントが失効した場合は連絡を頂ければその分を付与させて頂くとの事でした。以前にも強制キャンセルされた事があるので、さすがに今回はと思い要望フォームの方に、「予約の商品確保とポイント失効」などの改善をお願いしました。私も以前同じことがありましたが、ショップレビューに不満を書きましたよ!!池野恋先生のファンとして、とても悲しいです。魔界の力を借りる というより!あいら自身が!切り開いていく話になっていて!新鮮だらけです。正直もう少し早く読みたかった感じがします。蘭世目線のカッコイイ真壁君とはいきませんが、その時々の真壁君側の事情ということで、ひとりのときくらいポーカーフェイスが崩れてしまうのはいたしかたないかと。思わず!かっこいいやん♪と思いますよ。真壁君視点で0歳から21歳までのお話が8話。予想以上に売れて!急いで刷ったのが今やっと買えるようになっているのでしょうか。最低でも発売日前日に配本数、わかっていたでしょう?楽天さん。今改めて通して読んで思うことはなるみは 蘭世の影を追いすぎていたところが合った。アロンとのボーイズトークもありましたよ♪そして、真壁君がボクシングを始めたのは、意外な人の一言がきっかけ。待ちきれずに他の店舗で購入しました。私は星10個以上つけたいです。へ〜!この時真壁君はこう思っていたんだ〜と思ったり!照れ屋さんにくすっと笑ったり。後は自分で好みの妄想をして納得したいと思います(笑)。あら、こんなところで実は蘭世と俊は出会っていたのね、と新たなエピソードで新鮮な気持ちになったり、あ〜こんな話あったなぁと懐かしく読めたり。買って本当に良かった!『ときめき』ファンには是非読んで欲しい、お勧めの本です!発売されていたとは知らず、第二弾発売を知りこちらも購入しました。お盆に入ると書籍業界全部ストップ!書店はやってるのに全部ストップ!(年末年始も同様)動いたのはお盆後かな?刷ってから配本だから、8月末になるってもんですね。ちなみに7/30に予約、8/29に届きました。早く読みたかったので、すぐに届いて嬉しかったです。★1のショップレビューは支持者が多いもの以外はなかなか出てこないようですね。(魔界関係で誰かが助けてくれる)だから、新鮮みが無かった。小学生の時に夢中になっていた『ときめきトゥナイト』。それが集英社の理由でも!売るのは書店ですから。長かった…書店にもなかったので!キャンセルせずに届くのを待ちましたが!かなり不安でした内容は★5つ!懐かしのキャラが登場し!あの昔のままの「ときめき」のラブコメが描かれていて!読んでいて当時の夢中だった頃を思い出しました神谷パパがすごくカッコ良く登場するお話があったり!ジーンときて泣きそうになるお話があったり…あとは!真壁くんと蘭世の初めての夜(!!)のお話があったり読み応えのある一冊でした待ってよかったです裏表紙は!連載当時の懐かしのカラー扉絵集でした私は発売当日に届きました。蘭世も純粋だったけど、真壁君もすごく純で素敵だなぁ。大人になったかつての乙女のために!もうちょっと甘め要素も欲しかったというのは欲張りでしょうね。しかしまさかあの無口王子真壁君を「かわいい」とか思える日が来るとは。うへへ。すぐにもう一度じっくり読んで!うるうる…。キャンセルの案内をして、お詫びして、とかできたと思いますが。第1刷ではなく第2刷でした。発売日の本日きちんと届きました!!自分が小学生だった時に夢中になって読んだ、大好きだった作品なので、とても懐かしい気持ちで楽しく読めました。楽天さんは超大手だから「発注かけた数配本(入荷数)」が基本だったのでしょうか?(私は一応有名書店でしたが!配本をよくけずられてました。最近この書籍の存在をしって!過去のときめき全部出して読んじゃいました。もうおばさんな自分ですが!真壁君にキュンキュンでした♪昔の単行本を引っ張り出してまた読みたくなりました。だから言うわけではないのですが!この作品を書くにあたって!池野先生は相当苦労されたそうです。ところで!私はときめき改めて全部読み返して!当時はあまり気にもしていなかったけど!(というか!単行本を購入してもろくに読んでいなかった)ときめきは蘭世〜なるみ〜愛良(あいら)と世代が変わります。ものすごく面白かった。だが!父親がやくざであることを責められ!気の強い曜子も泣きそうになるところを俊が相手を殴ってしまい!その親に謝罪するシーンは子を持つ親として考えさせられました。★まずは本の感想。本来ならその記載がどこかにあれば良いな〜とは思いますが!わざわざお返事を頂けたのは良かったです(ちょっとキツイ物言いをしたからか?^^;)私は早く読みたい気持ちはあるものの!ちゃんと商品が届けば遅くても構わないのでもう少し待ってみますが!限定ポイントで購入された方でキャンセルして他で購入したいと言う方がいましたら連絡してみたら如何でしょうか?強制キャンセルされずに商品が届けばいいな〜と思いつつ!本に対する期待も込めて取り敢えず★5つ付けておきます。ともあれ!連載当時の乙女の皆様には必読の作品ですね。ときめきは とりあえず 蘭世時代は知っていると前提で!ネタバレ無いように書きます。作品に関しては、たとえ絵柄やテイストは変わったとしても、それは仕方のないこと、先生の努力を買って良しとします。特に!真壁くんの禁断の(?)プロポーズのお話は!照れ死に中の真壁くんがツボにはまりました。華江は、一生懸命俊を守り愛しているんだと実感しました。楽天ブックスの不満は!ショップレビューにしてほしいです。ザ・お盆前。また本編を読み返したくなりました。ストーリーそのものは単純で!でも!当時(私は小学生〜中学生)のあこがれとか!浪漫な感じが!この書籍でも十分伝わって!その当時のままの気持ちで読むことが出来ます。そのことをきっかけに俊がボクシングを始めることになります。当時小学生〜中学生な私が夢中で読んだ「りぼん」。その2年後に、華江に彼氏らしい人ができるが、実はヤバイ人で華江を襲おうてして俊が助けようとするものの、12歳では大人に勝てずぶっ飛ばされてしまいます。26日の夜予約しましたが届かなかったクチです。買って良かった本でした。★話はかわって「楽天で予約したけど、こなかったやん問題」ですが、某書店でコミック担当をしていた私の考えですが、(予想)今回の原因は「集英社の読み違え」だと思います。昔を美化したり!変更していないところがなかなか。あと真壁君以上に好きだったカルロ様を!また拝見できる日が来るとも思ってませんでしたわ。で!なんで夢中だったかというと「ときめきトゥナイト」読みたさからですよ!こんな本出されたら!買わない訳ないでしょう!他の人の感想とか読んでいたら!まぁ昔からの思いもいろいろで!この本の内容に関して賛否両論ですが!私は超面白かったです!いいやん!ちょっとへたれな真壁君。そう勧めた玉三郎のセリフにも泣けました。華江が「かたぎ」を「たかぎ」と聞き間違えたり、玉三郎は華江を、曜子は俊を見た瞬間に恋におちたのがおもしろかったですから。買い手の事を考えるのなら!配本がわかった時点でメール。1回目はどきどきが止まりませんでした。しかし!あいらになってからが とても楽しい。真壁くんとランゼのその後が見れて!やっとスッキリ昔解決しない漫画が手に入り満足の一冊です。いや、決して悪くはないですよ。うちにはお詫びメールも届きませんww大量に予約受付して「商品確保できませんでした」っていうのが多すぎませんか?以前と比べて容易にキャンセルできる様になったのは良かったです(予約詳細ページで注文数を0にするだけ)漫画は紙派だけど近くに本屋さんがないからAmazonさんでKindle版買おうかな〜真壁くんに罪はないので☆は5でwまず最初に。困ったときには!解決法がいつもあった。お願いしますよ、楽天さん!母親と共に魔界から追い出され、教会で救われた話は本編であったが、仮の名前が悲しい事情だった時点で泣けたが、その後5歳になった俊が神谷親子に会う話には笑えました。私は3歳の子持ちで動けず、近くに書店がないので待ちましたが、(なんとなく理由も察したのもありますが)すぐに欲しかった人がかわいそうです。。話の内容はもちろん、当時の絵柄に近づけるよう精いっぱい努力もしたようです。不満はどなたかが書かれていたように!ショップレビューにされたほうが良いのではと!ときめきファンは思いました。私は!発売日当日に届いたので!届かなかった方々の不満はわかりますが!怒りの矛先は違うと思います。本編では、硬派でポーカーフェイスの真壁君ですが、彼もやっぱり悩める少年(青年?)だったんですね・・・と思わせてくれる作品でした。以前ブックスさんに★1を付けたことがありますが!レビューは削除されたようです。今も変わらず、ときめきトゥナイトが好きです。蘭世へのプロポーズまでも、いろいろあったんだなあと思いました。刷数をあまり刷らなかったから!こんな事になってしまったんですよね。蘭世と出会うまで、曜子との関わりがこんなにあったのに、曜子は俊と結婚できなかったのは本当に辛かったと思います。「りぼん」ですから(笑)ちなみに、以前も予約商品が数か月たっても全く届かず、メールも何もなかったということが何度かありましたので、今は怖くてポイント使えません。是非是非よんでみてください と言った所ですね。真壁君側からのお話って?!とワクワクした気持ちで購入しまいた。懐かしかったです。かわいいやん!(>▽<)当時、真壁君が何考えてるのかわからなくて、ムズムズしていた小学生の私に教えてあげたいですわ。私自身も過去に何回か楽天ブックスさんには勝手にキャンセルされた事がありますが!ショップさんへの不満はショップレビューで評価して欲しいなと思いました…。『ときめきトゥナイト』は連載時に本誌で読んでいました。漫画の内容としては、読んでにんまりしてしまいました。新刊発売を知った7月26日その日に直ぐに予約しました。大半は、亡きカルロの脅迫まがいの急かしだったとはという感じです。面白かったです。アロンもでるし、カルロ様も登場。(それとも何か理由があったのでしょうか?)それなら!すぐに欲しい人はキャンセルをして!発売日に他の書店にすぐに買いに行けた事でしょう。旧単行本では!23巻からで!今は電子書籍でも読めるし!なるみ部分は飛ばしても全然通じるのでときめきファンはどうしても蘭世ONLYみたいな感じなので!あいらも是非おすすめですヨ。曜子は「こんなクソガキなら二人いても意味ない!」とキレるのは良かったです。先月予約し!いまだに商品が届かない者です。が!問題は「本届かないよメール」だったと思います。それを考えると、楽天さんは悪くないと思います。その5年後に!俊も曜子も片親であることをクラスの子に馬鹿にされるシーンがありました。この書籍は!真壁君の0才 5才 10才 12才 14才 15才 18才 18〜21才で!短編になっています。問題は「誠意」だと思います。あいらは蘭世の子供(卓の妹)ほとんどのファンは、なるみ世代で 面白くない〜という感じでそこでストップしてると思います。何より、プロポーズの話が読めて良かったです!絵柄は当時に近づけてかいているようで、それほど違和感なかったです。